コンセプト

大手ハウスメーカーも万全ではない

日本の住宅の大部分は大手ハウスメーカーの住宅ですが、それは大手ハウスメーカーが巨額の販促費を使い、良いイメージを植え付け、多くの営業マンの努力によって受注件数を伸ばしているからです。
確かに、大手ハウスメーカーは、さまざまな工夫により効率的に家を建てるシステムをつくりあげていますが、年間数万件の家を建てている企業が、すべてのお客様を満足させているかというと、疑問があります。

「住宅展示場に行って、いわれるままに名前を書いたら、しつこい営業をされて迷惑した」

「注文住宅といっても一定の仕様の中から選ばなければならず、希望を聞いてもらえなかった」

「安い価格につられて見積りをお願いしたら、設備などで追加料金が必要となり、結局高くなった」

「何かお願いしても、対応が遅い」

という声を聞くこともあります。

大手ハウスメーカーには大手ハウスメーカーの良いところもありますが、その対応は、万全ではありません。
近年地元の工務店で家を建てる方が増えているのは、このような大手ハウスメーカーの対応に対する不満の表れだと思います。

“家を建てる”ということは一生を左右する事業です。大手ハウスメーカーだから安心だなどと思わずに、地元の工務店にもご相談されることをおすすめします。

地元工務店だからできること

外断熱など、私たちが取り入れている工法は大手ハウスメーカーに引けをとらないものです。もしかしたら、それ以上に進んでいるかもしれません。お客さまにそのことを伝える手段が下手なために知っている方が少ないだけなのです。

また、良い家を建てる条件の1/3は現場での対応です。実際に建築図面通りの施工をする職人の腕にかかっているのです。
大手ハウスメーカーでは、資格を持った施工担当者が現場を見ています。しかし、学校で勉強しただけでは本当のことはわかりません。良い家を建てるためには、職人とのコミュニケーションや長年の経験が必要なのです。
大手ハウスメーカーではどんな人でもミスがないように規格化された家づくりをしていますが、住宅建築はそんな簡単なものではないのです。

私たちは、常に現場を見ています。それは、良い家をつくりお客様に満足していただくために、現場の重要性を体感しているからなのです。

地元の工務店だからこそ真剣に家づくりをしています

私たち地元の工務店は、万一の失敗も許されません。私たちの過失によりお客さまにご迷惑をかけることは、会社をなくすことであり、地元で商売をすることができなくなることにつながるからです。
現実に、いい加減な仕事をした建築業者はすぐに会社をたたんでしまっています。

だからこそ、私たちはお客様のご要望を真剣にうかがい、その夢を叶えるために知恵を絞ります。そして1軒1軒真剣に建築していくのです。
また、何か問題が生じた時には、たとえ定休日であってもすぐに駆けつけ問題を解決しています。
このような、お客さまに対する対応が私たち地元の工務店の一番の強みです。